DXとは?わかりやすくDX=デジタルトランスフォーメーションを解説 - 株式会社STANDARD
user_7
DX・AIプロジェクト推進
  • #AI
  • #DX

DXとは?わかりやすくDX=デジタルトランスフォーメーションを解説

目次

いまビジネス関連で注目を集めているキーワードは「DX」でしょう。多くの企業がDXへの取り組みを求められていますが、正確にその意味を答えることはできるでしょうか。IT化との違いをはっきりと解説することはできるでしょうか。IoT、AI、5G、クラウドコンピューティングなど、DXに関連してさまざまな話題が上がりますが、どのようにDXと関係しているのかを説明するのは、ちょっと大変です。

本稿では、DXとはどういうものなのかをわかりやすく解説します。気になる話題があれば、さらに掘り下げて調べてみてください。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の意味を簡単に解説

DXとはデジタルで変革をすること

DXとは「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)」の略称のことで、デジタル技術によってビジネスモデルをはじめ業務や組織などに変革をもたらし、企業の競争力を高めることを言います。
ちなみにDigital Transformationの略称がDXになるのは、英語圏でTransをXと略すためです。

単にデジタル技術を利用するだけではDXとは言いません。例えば、出勤時に使っていたタイムカードによる打刻を、インターネットの勤怠管理サービスに変更しても、それはデジタル技術の導入に過ぎません。業務の効率化はとても重要ですが、いま求められているDXとは大きな隔たりがあります。

DXにおけるデジタル技術は、あくまでも手段に過ぎません。デジタル技術は、新しいビジネスモデルの創出や変革などの目的を達成するためのものなのです。

しかし、一足飛びにDXを成し遂げることは容易ではありません。少しずつ段階を踏んで、デジタル技術の導入などを進めた結果として、DX化を達成することになります。アナログ情報のデジタル化(デジタイゼーション)、業務などのプロセスのデジタル化(デジタライゼーション)を経た上でDXは実現できるのです。

DXとIT化との違いとは

DXに関連してよくあるのが「IT化」との混同です。IT化はデジタル技術を導入して、これまでの業務の効率化を図ることを言います。書類のやり取り、電話での会話、申請・承認の手続きなど、アナログな手段のために非効率的だったものが、デジタル技術の導入で効率化されていきます。これがIT化です。

クラウドで書類や資料を共有して、ツールを使って閲覧の確認、稟議の承認ができるようにするのはIT化です。単に便利なツールを導入して業務を効率化したに過ぎません。

DXとはデジタル技術の導入によって、ビジネスモデルの創出・変革によって競争力を高めることです。IT化による効率化はDXを達成するためのひとつの手段に過ぎません。それに対してDXの目的は、あくまでもビジネスモデルの創出や競争力の向上です。多くの業務のIT化を推し進めていく中で自社の抱えている課題などを解決し、ビジネスモデルの変革が起こることでDXが達成されます。社内のIT化を進めただけで、DXを成し遂げたような気分にならないように注意が必要です。

どうしていま注目されているのか

デジタル技術に対して注目が集まるのは、いまに始まったことではありません。これまでもWindows95の発売やインターネットの普及、スマートフォンの登場などことあるごとにデジタル技術に注目が集まりました。

いまDXに注目が集まっているのは、2018年に経済産業省が発表した「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」がきっかけです。このレポートでは、企業のDX化をはじめとする課題がこのまま解決されない場合、2025年以降、最大12兆円の経済損失が毎年生じる可能性があるとしています。こうした危機感がDXへの注目を高めているのです。

また、スマートフォンや交通ICカードの普及によって注目を集めたビッグデータ、高速・低遅延でさまざまな分野での応用が期待される5Gなど、次々と登場するデジタル技術がDX化への後押しをしています。

関連:DXはなぜ必要?来たるべきリスクに備えて見習いたい先行企業の特徴とは

DXでビジネスはどう変わるのか

企業のDX化が達成されることにより、新しいビジネスモデルで収益を出せるようになることが最大のメリットです。いままでとは違う収益モデルを獲得できるため、企業をより大きくすることができます。ビジネスモデルによっては、日本だけでなく、海外をこれまでの市場だけでなく新たな市場を開拓することもできるでしょうにできる可能性もあります。

また、これからの社会情勢の変化に対応できるようになることもポイントです。現状のままDXを推進しないままでいると、これまでのビジネスモデルが通用しなくなったり、市場の変化に対応できなくなったりしていくことが考えられます。また、旧来のシステムを維持し続けることで余計なコストを抱え続けるおそれもあります。

DXはすべての企業は早急に取り組まなくてはならない課題と言えるでしょう。デジタル技術によって、ビジネスがどのように変化するのか、例を挙げて解説いたします。

事例1 Amazon

世界的なECサイトであるAmazonは、GAFAの一角を担う大企業です。利益の多くを開発に使っていることでも知られており、さまざまな新サービスを次々と展開しています。ECサイトとして有名なAmazonは、クラウドコンピューティングサービスのAmazon Web Service(AWS)を提供する企業としても有名です。

AWSは、ECサイトのためのインフラの技術革新から生まれました。いまでは日本だけでなく世界のクラウドサービスのシェア1位です。もしAmazonがAWSを始めていなかったら、それだけの売上がなかったことになります。AWSを始めたとき、まだクラウドコンピューティングがほとんど普及していませんでした。将来のニーズを捉えて技術革新に取り組んだ結果、Amazonは世界トップクラスの大企業になったのです。

事例2 Uber

Uberは日本ではUber Eatsが有名ですが、もともとは配車サービスのUberを提供している企業です。Uberはユーザーがアプリで行きたい場所を指定して配車を依頼すると、ドライバーを手配してくれるサービスです。ドライバーは自分が所有する車を使って、ユーザーを指定した場所へと運びます。スマートフォンが普及していく時代にマッチした、新たな交通サービスを提供したのです。

Uberはデータを活用してサービスの質を高めています。その一つがユーザーの評価です。評価の高いドライバーを優先して配車の案内が届くので、ドライバーは評価を下げないように品質の高いサービスを提供する必要があるのです。Uberはこのようにしてユーザーの安心を獲得しつつ、サービスの品質を高め、多くの国で高いシェアを獲得しています。

DXは必ず取り組まなければならない課題

今後、多くの企業がDX化を推進していく中、自社だけが取り組まないという選択肢はないと言ってもいいでしょう。他社がDXに取り組み、自社が取り組まなかった場合、消費者のニーズや市場の変化についていかなかったり、旧態依然としたシステムの維持がコストとしてのしかかったりして企業の競争力が落ちていきます。

そもそもDXを構成するのは、デジタル技術を使った業務改善、効率化です。これらの積み重ねがやがて、新しいビジネスモデルの創出へとつながるのです。DXに取り組まないのは、企業の成長を止めてしまうかもしれません。

まずはできることから始めることをおすすめします。簡単にDXに取り組めるものを見つけ、計画的に取り組んでいきましょう。小さな成功を積み重ねていくうちに、全社を巻き込んだDXの取り組みへと発展させられるはずです。

DX推進のために必要なこと・もの・ひと

DX推進には戦略が必要

DXへの取り組みを始めるにあたって重要なのは、戦略的に進めていくことです。DXの担当者を決めてその人に一任してかけ声を挙げるだけでは、社内の協力を得られず、失敗に終わってしまうおそれがあります。どのようにDXを進めていくか、戦略を立てていきましょう。

DXには段階があり、その段階を少しずつ進めていく必要があります。まずはアナログ情報のデジタル化(デジタイゼーション)です。例えば印刷・管理していた書類を、PDFなどのデータにして保管できるようにすることを指します。

次は業務のプロセスをデジタル化(デジタライゼーション)します。ツールを使ってハンコを押すような業務をなくし、デジタルで完結できるようにすることを指します。

こういった段階を経て、新しいビジネスモデルの創出などが起こることをDXと言います。

着実にDXへの段階を進められるように、何のためにDXに取り組むのか、どのようにして取り組むのか、費用や期間はどれくらいかけるのかなどを最初に考えておきましょう。

DX推進に必要なデジタル技術

DXが盛り上がっている背景には、新しいデジタル技術の登場や進化などがあります。DXの実現で注目されている技術の中でも、主なものを紹介します。

・IoT

IoTとはInternet of Thingsの略称で、これまでインターネットと無縁だった機器をインターネットにつなげる技術のことです。インターネットにつながることで遠隔操作ができたり、現在の情報を送信したりが可能になります。またそれらの情報を集めて活用することもできます。

・AI

人工知能のことです。AIでビッグデータなどの大量な情報を分類・分析して、さまざまな予測が可能になることを期待されています。

・5G

高速かつ低遅延でのデータ通信を可能にする通信規格です。大容量のデータの送受信ができるほか、さまざまな機器がデータ通信を行うのに利用される予定です。IoTに貢献することが期待されています。

・クラウドコンピューティング

インターネット上で利用できる仮想のコンピューターことです。インターネット上のリソースを使って開発などが可能になり、大量のデータを保存・処理するなど、物理的なサーバーでは困難なことも可能になります。

DX推進に必要な人材とは

DXを推進するにあたって必要となる人材は、デジタル技術に理解があるのはもちろんですが、それよりも会社の業務内容の知識が豊富であることが重要です。デジタル化を推し進めるにあたって、どこから始めるべきか、何を行うべきか検討するには、会社の業務全般を知っている人が必要なのです。

特定の技術に精通している人材であれば、求人をかけて外部から集めることができます。しかし会社の業務に精通している人材は、社内から見つけるほかありません。

さらにDXは全社的に取り組んでいくことになるので、要となる各部署の管理職とコミュニケーションがとれる必要があります。また経営層に導入するデジタル技術の必要性を説明し、承認を得る交渉力も求められます。

このようにDXの責任者は社内から選出する必要がありますが、エンジニアやデザイナーといった人材は、外部から集めても大丈夫でしょう。

関連:DX人材に必要なスキルと社内育成の重要性について徹底解説!

DXを自社に導入するときの課題

DX導入にあたって目標を設定する

デジタル化技術を取り入れていくだけでは、社内では一時的な流行に乗ったものとして受け取られてしまうおそれがあります。その場合、従業員に真面目にDXに取り組んでもらえず、一部の業務をIT化しただけで終わってしまうかもしれません。従業員たちがDXに対して真摯に取り組めるように、目標を設定して、その目標に向かって進めていくことが大切です。

DXにおける最終的な目標はデジタル化による新しいビジネスモデルの創出と、それによる競争力の向上です。会社の業務内容をもとに、わかりやすい言葉に言い換えるなどして、目標を従業員と共有しましょう。

個人個人の従業員にとっては、新しいことを覚える必要もないので、IT化などせずにこれまで通りに業務を行うほうが楽なケースも少なくありません。だからこそ目標を達成するために、さまざまな業務のIT化が必要であることを周知することが大切です。

必要な技術・人材などを洗い出す

DXを推進するにあたって、必要となる技術、人材を洗い出すことから始めましょう。DXはいきなり全社的に始めるよりも、スモールスタートで小さな成功を積み重ねていくほうが、承認を得る手順が少なく、かつ多くの人たちの理解を得やすいのでおすすめです。

そのため、できるだけ社内にあるリソースを活用していきましょう。また、社内の人間のほうが自社の業務への理解が深いのも大きなメリットです。その上で、自社に不足している技術や人材をどのように確保するか検討しましょう。

すべての技術を社内で開発する必要はありません。すでにツールが社外で販売されているのであれば、それを活用したほうが早くデジタル化を進められます。社内でそのツールを運用・管理できる人材がいるかどうか、社外の企業に委託できるかどうかなどを検討していきましょう。どうしても社内で管理したいときに、求人を出して雇用しましょう。

社内でDXへの取り組み意識を共有する

どうしてDXを推進していくべきなのか、社内で共有することが重要です。パソコンの操作が苦手な人はできるだけデジタル化は避けたいでしょうし、これまでと業務の内容が変わってしまうことに不満を抱く人もいるでしょう。業務内容によっては部署が縮小してしまうこともあります。

そのため、DXで不利益を被ったり不安を感じたりした従業員は、推進に対して反対や非協力的な態度をとるかもしれません。そういったときに従業員に納得、協力してもらえるように、DXへの取り組み意識を共有していきましょう。

一時的に不満を感じるようなことがあっても、最終的に自分たちの利益になることを説明できるようにしてください。またDXは長期的に取り組んでいくことなので、一度だけ説明して終わりにするのではなく、何度も振り返られるようにしておくことも大切です。

まとめ

ここまで読んでいただけたら、DXがどういった意味を持っているのかをご理解いただけたと思います。IT化と混同している人は決して少なくはないので、そういった人に正しくDXについて解説できるようになっていただけたら幸いです。

しかしこの記事だけでDXに取り組むには、まだまだ知識が不足しています。実際にDXに取り組んでいくには、より高いリテラシーが求められます。そこで弊社が提供している『DXリテラシー講座』を受講して、より知識を深めていただくことをおすすめします。

前提となる知識がまったくなくても理解できるていねいな解説、イメージを掴みやすくする50件の事例解説など、誰でも受講できる講座となっています。しかも講座は6時間とコンパクトなので、1日研修での活用に適しています。
さらに受講内容を踏まえて、受講者の企業の事業やサービスをもとにしたアイデア出しも行っています。現場の従業員が感じていた「こうすればよいのに」というアイデアが多く集まって、実際に事業化したケースもあります。『DXリテラシー講座』ではただ知識を得るだけでなく、収益に結びつくレベルのアウトプットができる状態までDXについて学ぶことができるのです。

たアイデア出しも行っているので、正しくDXについて理解できたかどうかを判断することもできます。ただ知識を得るだけでなく、アウトプットができる状態まで解説するので、社内のDXに対する意識を高めるのにも効果的です。
まずは資料請求をしてください。

STANDARD事務局

事務局

DX戦略コンサルティングデジタル系新規事業を収益化した知見を活かし、御社に最適なDXの戦略を立案

DXに関するお悩みや弊社へのご相談・
お問い合わせはお気軽にどうぞ

サービスの詳細資料を無料公開しています