AIを利用するメリットとは?導入時の課題とポイントについても解説 - 株式会社STANDARD
user_7
DX・AIプロジェクト推進
  • #AI
  • #AI開発

AIを利用するメリットとは?導入時の課題とポイントについても解説

目次

AI(人工知能)は、現在急速に発展しているデジタル技術のひとつです。近年ではスマートフォンアプリにも採用されるなど、AIが身近な存在になってきました。AIを導入すれば、「自社でも何か目新しいビジネスができるのではないか」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、AIを利用することで得られるメリットや効果について説明していきます。また、AIを導入する際に課題となることや、うまく利用するためのポイントについてもあわせて解説します。

AI導入のメリット

AIを導入することで得られるメリットや効果には、以下のようなものがあります。

– コストを削減できる
– 品質のムラを減らせる
– プロセス改善と生産性向上が期待できる
– 新規サービスにも応用できる

ひとつずつ詳細をみていきましょう。

コストを削減できる

AI導入の直接的な効果としてもっともわかりやすいのは、既存業務の自動化や効率化が可能になることでしょう。なかには、「AI以外のデジタルツールでも自動化や効率化はできるのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし、AIを用いればツールの利用範囲がより広くなるのです。

単純なルーティンワークなどは、これまでもAIをともなわない各種デジタルツールによってある程度自動化されてきました。その一方で、どうしても人の目によるチェックや手作業が欠かせない部分もあるでしょう。そのような作業も、AIであればこなせるという場合が多いのです。結果として、人件費などのコストを削減できます。

品質のムラを減らせる

AIで業務を自動化すれば、手作業の場合に比べてミスを減らせる可能性が高くなります。これだけでもAIを利用する価値は十分にあるといえますが、さらに「人のスキルに依存する部分を減らせる」というメリットも大きいでしょう。

これは、例えば文書のレビューや人事評価のような、誰が行ったとしても結果が変わらないようにしたい業務に導入できるということです。

人が行う作業では経験やスキルのほか、その時々の体調やモチベーションなどがアウトプットの質に少なからず影響を与えます。しかし、AIならそのような心配はありません。結果として、属人的な業務の割合が減り、アウトプットが均質化されるのです。

プロセス改善と生産性向上が期待できる

AIで自動化できる作業が、既存の業務と必ずしも1対1で対応するとは限りません。そのため、AIによる効率化を目指す際には、前後のプロセスを巻き込んだ業務改善を検討することになるでしょう。このとき、ごく自然な流れでDX(デジタルトランスフォーメーション)が進行し、組織全体としての生産性が向上する可能性があります。

また、DX推進の事例には、AIを活用したものが多い点にも注目すべきでしょう。IPAがまとめた「DX 白書 2021」によれば、AIを導入する日本企業は前年に比べて5倍近くにも増えています。DXの目的を達成するためにAIの採用を決定する企業もあれば、AIという新しい技術がきっかけとなってDXがはじまる場合もあります。

新規サービスにも応用できる

AIの導入が刺激となって、現場から新しいビジネスのアイデアが生まれるケースもあります。例えば、AI技術を取り入れて構築した社内向けナレッジベースの品質が高ければ、そのシステムをベースにした他社向けの商品開発も可能になるかもしれません。

このようなAI活用のアイデアが自社の理念や強みに合致するものであれば、具体化してビジネス戦略に取り入れるのも堅実な方法のひとつでしょう。その際、AIによって生産性が向上し人材や時間の面で余裕が出てくれば、その分のリソースを新規サービスの立ち上げに充てられる可能性もあります。

AI導入の課題

企業がAIを導入する際には、解決を要する課題もあります。AIは現在も発展中の技術であることから、とくに人材の面では苦労する部分が多いでしょう。ここからは、以下の2つの課題について説明していきます。

– 技術としての専門性の高さ
– AIならではのマネジメント方法の必要性

技術としての専門性の高さ

AIを使いこなすためには、広範囲の知識・スキルが求められます。まず、数学や統計学の基礎のほか、機械学習やディープラーニングの理論のような学術的な知識が欠かせません。これに加えて、開発に用いる専門的なツールやフレームワーク、プログラミングなどのスキルも必要です。

AIを導入する企業では、これらの能力を備えたエンジニアをどのように確保するかがしばしば課題となります。

AIならではのマネジメント方法の必要性

AIの開発プロジェクトを推進するマネージャーには、特有のスキルセットが求められます。なぜなら、AIのシステム開発は実験的な色合いが強いものであり、モデルそのものに改良を加えながら進んでいけるようなアプローチが必要になるためです。成果をあげるにはアジャイル型のプロセスをベースとし、実験と検証を繰り返しながら不確実性をコントロールしていかなければなりません。

これは、ITシステムの開発経験が豊富なマネージャーでも、これまでと同じやり方が通用するとは限らないということです。よりAIにフィットするマネジメント手法を、どのように取り入れていくかが課題となるでしょう。

AIをうまく利用するための2つのポイント

AI導入の課題は、どのように解決すればよいでしょうか。ここからは、多くの企業が経験する人材面の課題を克服しながらAIを効果的に活用していくために、以下の2つのポイントについて説明していきます。

– ポイント1:人材は職場で育てる
– ポイント2:知識は専門の会社から得る

ポイント1:人材は職場で育てる

AIの人材を社外から募集しても、簡単にはみつからないのが現状でしょう。運よく十分な知識やスキルを備えた人材を確保できたとしても、自社の仕事内容についてよく知らなければ業務改善を的確に進めることはできません。

このような状況を考えると、現場の仕事を熟知した従業員をAIの人材として育成していくほうがメリットが大きいといえます。また、一定水準以上のスキルを備えた人材を社内に増やしていくにしたがって、AIを活用する際の議論も活発に行われるようになります。

ポイント2:知識は専門の会社から得る

AIの人材を社内で育成すると決めたら、次はAIについて教えられる人材が必要になります。書籍などから学ぶ方法もありますが、通常業務を抱えた状態で各自が学習を進めるのは簡単ではありません。効果的な人材育成の方法については、AIを専門とする会社に相談するのがおすすめです。

このとき、人材育成に積極的に協力してくれる会社をパートナーとして選ぶとよいでしょう。そのような専門家の力があれば、AI技術に関する最新の動向をキャッチアップできるほか、実践的なノウハウを吸収できる可能性も高まります。

効果的なAI活用のための最初のステップ

AIの導入は、業務効率化やコスト削減といったメリットが得られるほか、DX実現の足がかりにもなる施策です。導入事例が増えている一方で、その専門性の高さから、不足する人材をどのように補うかが課題となっています。効果的なAI活用のためには、自社の業務について深く理解している従業員をAI人材として育成していくのがベストでしょう。

弊社では、このような課題を克服するためのAI人材育成サービスを提供しています。「AIエンジニアリング講座」は、現場の即戦力になるために必要な基礎知識や、機械学習とディープラーニングの手法について網羅的に学べる講座です。「AIマネジメント講座」は、AIプロジェクトを牽引していく中心人物を育てるためにご活用いただけます。

どちらの講座もオンラインでのトレーニングが中心となっており、現場で役立つ実践的なスキルを習得できるよう、弊社のAIエンジニアが学習をサポートいたします。効果的なAI活用のための最初のステップとして、ぜひご検討ください。講座の詳細は、下記「資料ダウンロード」ボタンから確認できます。

STANDARD事務局

事務局

DXプロジェクトの内製化を加速させる
技術人材育成サービスのご案内

DXに関するお悩みや弊社へのご相談・
お問い合わせはお気軽にどうぞ

サービスの詳細資料を無料公開しています