シンギュラリティの意味とは?急速に進化するAIの可能性と影響を解説 - 株式会社STANDARD

シンギュラリティの意味とは?急速に進化するAIの可能性と影響を解説

DX・AI技術・事例解説

この記事の目次

  1. シンギュラリティとは
  2. シンギュラリティの可能性と影響
  3. シンギュラリティを見据えたAI活用に必要な2つのこと
  4. AI人材を育成して来たるべき変化への備えを

「将来、シンギュラリティが実現するときがくる」というのを耳にしたことがある人も、少なくないでしょう。シンギュラリティは、AI(人工知能)が進化した未来を表す仮説です。

わかりやすく説明するなら、AIの能力が人の能力を超えるのをきっかけに起こる、大きな変化のことだといえます。しかし、実際にどのような変化が起こるのかは想像しづらいのではないでしょうか。

そこで本記事ではシンギュラリティの意味と、人間の仕事や生活に与える影響について説明していきます。

シンギュラリティとは

まずは「シンギュラリティ」という用語のもつ意味とその概念について、以下の2点を確認しておきましょう。

– シンギュラリティはAI(人工知能)の進化がもたらす転換点
– シンギュラリティに到達するのは2045年ごろ

シンギュラリティはAI(人工知能)の進化がもたらす転換点

シンギュラリティは、英語では「Singularity」と表記し、一般的には「特異点」と訳されます。これは、数学や物理学の分野において、「共通のルールにしたがわない特別な点」を指す用語です。

一方AIの分野におけるシンギュラリティは、アメリカの発明家で人工知能研究の第一人者としても知られるレイ・カーツワイル氏が提唱したもので、しばしば「技術的特異点」と訳されます。いずれ「AIの能力が人間の脳を大幅に超える」ときがきて、その結果「仕事や生活が根本的に変わる」という概念です。

シンギュラリティに到達するのは2045年ごろ

AIは、特定の領域において決まった役割をこなす「特化型AI」と、人間のような柔軟性を備えた「汎用型AI」の2種類に大別されます。実は、現在のAIはすべて「特化型AI」です。シンギュラリティの実現には「汎用型AI」が必要ですが、こちらは現時点では存在していません。

しかし、今後「汎用型AI」が誕生すれば、急速な進化をとげて人の能力を超える可能性があるのです。カーツワイル氏は自身の著書で、シンギュラリティへの到達は2045年ごろだと予測しています。

シンギュラリティの可能性と影響

シンギュラリティが実現した場合、人間の仕事や生活にはどのような変化が生じるのでしょうか。ここでは、シンギュラリティが及ぼす影響と可能性について、以下の2点を説明します。

– クリエイティブな仕事以外は消滅する
– 人間の能力が向上する

クリエイティブな仕事以外は消滅する

シンギュラリティが実現すると、現在は人手に頼っている仕事でも、その多くがAIによって置き換えられてしまうかもしれません。

例えば、飲食店の従業員やタクシードライバー、スポーツの審判などが挙げられます。これらの仕事の一部には、すでにロボットが導入されているところもあります。AIが進化すれば、人が担う必要のある仕事はさらに減るでしょう。

一方で、デザイナーやエンジニアのようなクリエイティブな仕事は、シンギュラリティの実現後も人の領分として残る可能性があります。また、医師や教師といった他者に影響を与える仕事についても、引き続き人が行うことになるといわれています。

人間の能力が向上する

AIがもたらすものは、テクノロジーの発展ばかりではないかもしれません。AIの進化が人間自身への深い理解をうながし、人体の解明が進む可能性があるのです。これにより、体の一部を人工物で置き換えたり、ドナーに頼らず人工臓器で病気を治療したりといったことも一般的になると考えられます。

また、人の記憶や意識をデータ化し、コンピューターに送り込めるようになるともいわれています。シンギュラリティが実現すれば、いずれ人類は「生と死」の限界を超えた能力を獲得するかもしれません。

シンギュラリティを見据えたAI活用に必要な2つのこと

シンギュラリティを見据えたAI活用に必要な2つのこと

シンギュラリティは「仮説」であり、いまだ不透明な部分が多いのも事実です。しかし、AIの進歩が目覚ましいことは間違いないでしょう。AIをビジネスに活用しようと考えている企業には、いずれ起こる大きな変化への備えが必要です。ここでは、シンギュラリティを見据えたAI活用において、企業が考えておくべき以下の2つのことを紹介します。

– エンジニアリング:AI開発ができる技術者を獲得する
– マネジメント:AI活用を組織的にハンドリングする

エンジニアリング:AI開発ができる技術者を獲得する

企業の備えとしてまず必要なのは、AI開発ができる技術者を獲得することです。

AI開発には、「機械学習」や「ディープラーニング」といった独特の理論に加えて、数学や統計学のほかプログラミングなどの知識も求められます。AIは高度な専門性が求められる技術なのです。

企業がAIを活用したシステム開発を行うには、このような知識やスキルを備えたエンジニアが欠かせません。いかにしてAI人材を確保するかが、企業にとっての課題となるでしょう。

マネジメント:AI活用を組織的にハンドリングする

ビジネスにおけるAI活用は、エンジニアのみでは成り立ちません。開発プロジェクトを適切にハンドリングできるマネージャーも必要です。このとき、従来のシステム開発とは異なるアプローチのマネジメントが求められるケースが多い点に留意しましょう。

大切なのは、AIの特性を理解したうえでのマネジメントです。これができるかどうかが、プロジェクトの成否を分けるといっても過言ではありません。AI人材の確保は、マネジメントにおいても重要課題だといえます。

AI人材を育成して来たるべき変化への備えを

AIは急速に進歩・発展を続けており、いずれは人間の能力を超えるといわれています。シンギュラリティが実現するかどうかにかかわらず、AIは私たちの仕事や生活に今後も大きなインパクトを与える技術だといえるでしょう。企業にとっては、必要な人材をそろえているかどうかが、こうした変化を乗り越えるためのカギとなります。

弊社では、ビジネスへのAI活用に求められるエンジニアとマネージャーを短期間で育成できる研修サービス「AI_STANDARD」を提供しています。下記ダウンロードボタンより、詳しい資料を無料でご覧いただけますので、ぜひご活用ください。

DXプロジェクトの内製化を加速させるAIエンジニア育成サービスのご案内
詳細資料が無料でご利用可能です
ダウンロードはこちら

また、弊社ではDX/AI人材育成ノウハウや各業界に特化したDX推進事例等をご紹介するセミナーを毎月2回以上開催しています。ぜひこちらも貴社のDX推進の一助にお役立てください。

DX入門編として本などの書籍だけでなく無料のDXセミナーも開催中

DXに関するお悩みや弊社へのご相談・
お問い合わせはお気軽にどうぞ
サービスの詳細資料を無料公開しています